メガデンリュウの流星群

当ブログはレーティングで奮起する全てのデンリュウを応援します

第4回神速オフに参加してきました

10月に入って最初で最後の記事ですね。

タイトルにもある通り、ツインさん主催の神速オフに参加してきました。

結果から言うと、予選3位抜け、決勝T一回戦負けのベスト16でした!オフで予選抜けしたのは久しぶりだったので、今後もさらに上を目指していきたいですね。

 

▽使用構築

f:id:ottopoke:20141021200721g:plainf:id:ottopoke:20141021200742g:plainf:id:ottopoke:20141021200804g:plain

f:id:ottopoke:20141021200831g:plainf:id:ottopoke:20141021200822g:plainf:id:ottopoke:20141021200837g:plain

ジャム『【ポケモンXY】シーズン4レート2100到達PT【ワルビカイロス】:マーマレードなPT紹介 』ブロマガ-ニコニコチャンネル、2014年7月 

からほぼ丸々パクリました!

違いがあるとすれば、

ワルビアルの性格を意地→陽気

カイリューの型を陽気ラム龍舞→意地鉢巻

ギルガルドの持ち物および技構成を風船→ラム、キンシ→聖剣

・ゲンガーのHBラインをメガ前状態で陽気ガブの逆鱗耐え

これぐらいですね。

……はい。

デンリュウがいない!!

言い訳すると、当初はデンリュウ入りで行く気満々だったのですが、起点づくりからのメガカイロス全抜きというのをやりたくなり、泣く泣くパーティから外すことになってしまいました。

 

オフレポ

10時集合のところを20分ほど遅刻…。他の参加者の面白い自己紹介が聞けなかったことをやや後悔する。しかし、トリさんがそれ以上に遅刻し安心する。

67人の対戦参加者が6グループに分かれ、自分は「挑発アーボックグループ」(第6グループ)へ。

1戦目 HaLさん●負け こちら:ワルビ,ロトム,ゲンガ 相手:メガカメ,カバ,ガルド(クロバ,ラティ,リザX)

初手カメ来たらきついなーと思いつつ、メガゲン軸を選択。そして、カメが来てしまいました。ワルビにステロまいて退場してもらったまではいいものの、カメの処理に手間取り、パーティ全体を万遍なく削られ、最後はガルドの影うち圏内に入って負け。ラティ,クロバに怯えてカイロスを選出できなかったのが敗因ですが、こちらもゲンガーを見せてる以上、お相手としても出しにくかったようです。

2戦目 ヴァイスさん●負け こちら:ワルビ,カイロス,ガルド 相手:ジバコ,バシャ,霊ランド(クレセ,ガル,化ボルト)

ワルビがステロ撒き、流しと十分に仕事をし、カイロスと未加速バシャの対面。守る読み剣舞か、上からの八つ当たりかの択になり、お互いに口プをかますも敗北。そのままタテられ、負け。剣舞を許すとタテられるのは相手も同じなので、その辺を考えるべきでした。

3戦目 てらにーさん○勝ち こちら:ワルビ,カイロス,ロトム 相手:サザン,ヌオー,ゲンガー(アロー,クチート,クレセ)

サザンが初手で来ることは読めてたので、ワルビ先発にして眼鏡を叩く。ワルビが落ちた後は、カイロスでメガって落とす。強力な積みポケを複数見せているのでヌオーが当然のように来る。その後、欠伸&再生連打となり、カイロスで殴り、ロトムに入れ替えというのを2~3回繰り返し、ゴツメダメが半分ほどカイロスに入ったところで、居座って殴り、ヌオーとカイロスの実質11交換。ラス1タイマンではスカーフドロポン二発でメガゲンを落とし、勝ち。

4戦目 らいらさん○勝ち こちら:ワルビ,カイロス,ガルド 相手:マッギョ,クレセ,ドラン(マリ,ゲン,ガル)

 マッギョの地割れを襷で耐えつつ、ワルビでステロ撒き。11交換の後、サイクル戦となり、クレセにステロダメージが2回入ったことを確認し、そのままカイロスでゴリ押し。メガカイロスの八つ当たり×2+ステロをミリで耐えるクレセリアはホント耐久お化けだなーと改めて感じました。爪地割れめっちゃこわかったです。

5戦目 神代さん○勝ち こちら:ワルビ,カイロス,ロトム 相手:ツボツボ,ヘラ,ガブ(ドラン,クレセ,ギャラ)

実はこのツボツボ軸と戦うのがもともとの考案者含め3回目。そのため先発ツボツボにメタを張り、ロトムでスカトリを決める。その後、相手のパーティのメインアタッカーに鬼火が刺さっているため、鬼火選択。後出しガブを火傷にすることに成功。その後、ツボツボにねばねばネットを撒かれ、若干窮屈な立ち回りになるも、なんとかツボツボ、ガブの2体を処理。残ったメガヘラを上から殴り、勝利。やはりツボツボ軸に対しては、挑発を打って岩石連打されるよりも、技固定させて後続に負荷をかける立ち回りの方がベターですね。

6戦目 トリさん●負け こちら:ワルビ,ロトム,ガルド 相手:ポリ2,ガブ,ガルド(ヘラ,エンテイ,ボルト)

先発に出てきたポリ2の輝石を叩き、ステロを撒いたもののポリ2が固すぎて処理に手間取る。毒守だったため、スカトリ等の確認をされるのも辛かったところ。鬼火を打つことで、後続のカイロスの起点を無理やり作ろうとするも外してしまう(イカサマの仕様上、火傷効果あり)。そのまま鮫肌+影うち圏内に入り、負け。ここで午前終了。トリさんとセブンへ向かい、帰り道で迷う。

7戦目 にしけんさん○ こちら:ワルビ,カイロス,ガルド 相手:ゲンガー,エルフ,ヒートロトム(マリ,カラマ,ドテッコツ

いつかの熊3オフで戦って以来の対戦。ゲンガーのNNニシゲンを確認し、金縛り・痛み分け持ちであることを確信する。情報アド+エルフの宿り木外しにも助けられ、最後はメガカイロスでメガゲンとエルフを倒し、勝利。にしけんさんの発想の柔軟さには目を見張るものがあり、実は対戦していて楽しい方の一人でもあります。

8戦目 りんごさん○ こちら:ワルビ,カイリュー,ゲンガー 相手:コバル,ビリジ,スイクン(テラキ,エンテイ,ライコウ

こちらも以前対戦したことのある方であり、元日本チャンプ。3秒で覚えられる構築と銘打ってるだけあり、選出画面は非常に壮観でした。先発コバルに圧倒的存在感を放たれながらも、こちらワルビでやや出し勝ち。サイクルを回しながら、コバルをメガゲンの鬼火祟り目で落とし、零度スイクンと対面。絶対零度に道連れを合わせようと、必死に「当たれええ!!!」と連呼するも最終的に択負けし、ヘド爆のダメージのみ与えてメガゲン落ち。それならワルビでスイクン削って、カイリューの鉢巻逆鱗圏内に入れ、ビリジごと抜いてこうと考え、叩き落とすを選択するもビリジにバックされる。襷が残ってて良かったと思いながら封じを打つが、ここで初めて封じを外す。このときが一番うるさかったと思います。しかし、後続のカイリューがエッジを避け(ここも叫んだ)、そのまま2体吹き飛ばし、勝ち。零度スイクンはHSベースだったようで、ワルビで削らずとも、逆鱗圏内ぽかったです。

9戦目 すこーるさん●負け こちら:ワルビ,カイロス,カイリュー 相手:ライコウ,ギャラ,エンテイ(ゲン,ハッサム,エルフ)

ジャパンカップシニア本戦出場者とのシングル対戦。ワルビとライコウの有利対面で、叩き落とすを選択。ギャラが後投げされ、何も落とせなかったのを確認し、メガ確定。メガギャラの1舞滝登りはメガカイロスが耐えるため、カイロス後投げし、メガギャラを落とそうと考えていたが、滝登りでひるむ。そのままメガギャラにパーティ崩壊させられ、負け。予選突破のためにはもう負けられなくなりました。S上昇+ひるみ技には無限の可能性があることを再認識させられました。

10戦目 フロウさん○勝ち こちら:ワルビ,カイロス,ガルド 相手:マリ,ガブ,ナット(バシャ,サンダー,ゲン)

この日最高に内容の良かった一戦。ブログでは先発マリルリに対しても強気にステロを撒けとのことだったので、そのままカイロスの起点にしてマリルリ突破。その後スカガブに上から雪崩を打たれるも、後ろのガルドでさらに起点。剣舞を最大まで積み、そのままガルドでタテる。無振りガブは、3積み影うち+ステロ2回で確定とれるので、まさに理想の展開だったと言えるでしょう。事前のダメ計・シミュレーション通りに試合が運ぶというのはとても気持ちがいいですね。

11戦目 showさん○勝ち こちら:ロトム,ワルビ,ゲン 相手:ゲッコウ,ガブ,キッス(ハッサム,バシャ,ウォッシュロトム

予選突破のかかった一戦。ゲッコウガがゲロ重な構築なので、先発に来ることを読んで、スカーフロトム先発。ボルチェンで奇襲をかけるも襷で耐えられる。ワルビをクッションにロトムをもう一度投げ、ガブ後投げにビビりながらもボルチェンが通ってゲッコウガを落とす。その後、ゲンガーの鬼火とワルビの威嚇でスカガブをどうにか処理し、最後はウォッシュロトムが締めて、勝ち。直対の関係で、3位確定。

 

決勝トーナメント出場をかけて各ブロック3位の人が集まり、じゃんけんステージへ。6人中4人抜けと枠が広めだったため、余裕をもって臨めた。そもそもここで、67%の戦いに勝てないようでは、決勝Tでエッジやハイポンを当てることなどできるはずもない。当然じゃんけんに勝ち、予選抜け。

 

決勝T一回戦 じーじょさん●負け こちら:ロトム,ゲンガー,カイリュー 相手:バンギ,サンダー,ゲッコウ(テラキ,グロス,マリ)

ロトムとバンギの対面。メガ化するもハイポンで確2なのを確認。メガバンギは龍舞をする。もらった!こっちはスカーフでしたああ(ドヤア)とハイポンを選択するもまさかの外し。そのまま舞ったメガバンギをだれも止められず、敗北。対戦後、裏のゲッコウガがスカーフであることを聞いて、もしハイポンが当たってたとしても厳しい試合だったようです。

というわけで、冒頭にもあるようにベスト16で終了です!対戦数が多く、ゲーム以外での交流があまりできませんでしたが、とても楽しい1次会でした。次は、自分で考えた構築で挑みたいですね。

 

▽2次会

天神で飲み食い。フレ戦やスマブラ等で大はしゃぎしまくりました。

▽3次会

ボウリング。ひどいスコアでしたが、うぇいうぇい叫んでました。声が死んだ。

 

最後に、

次の記事こそデンリュウ出てきます!!!