読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガデンリュウの流星群

当ブログはレーティングで奮起する全てのデンリュウを応援します

【シングル2100】ガルヤミ双璧スタンダード【S17】

こんにちは、くわっちょです。
ORAS最後のシーズンお疲れ様でした。
今季はメガヤミラミに可能性を感じ、ガルーラ構築に組み込んでみました。

f:id:ottopoke:20160913185446p:plain

 

<構築概要>
メガヤミラミの構築を調べていたところ、メガヤミラミ+耐久ウルガモス+襷ガブリアスの組み合わせ(紫苑『亡霊たちの集会所 対面ヤミガモス【シーズン13使用構築】』,2016年1月)に魅力を感じたため、この並びをそのまま拝借。ヤミラミが相手しづらい炎や水、フェアリー等へ強めな補完として、ガルーラ、スイクン、化身ボルトロスを採用しました。ゲンガーがヤミラミに、バシャーモウルガモスになった厨パの並びにしたことで、初見殺し要素も組み込みやすくなりました。パーティのポイントは、
①ガルーラを軸とする対面的な選出
ヤミラミを軸とするサイクル的な選出

が柔軟にできること。すなわち双璧スタンダード。

<個体詳細>

f:id:ottopoke:20150917015716g:plain

ガルーラ

性格:いじっぱり

特性:きもったま→おやこあい

持ち物:ガルーラナイト

能力値:181-161-100-×-100-142→181-194-120-×-120-152

努力値:4-252-0-0-0-252

技構成:ねこだまし/すてみタックル/じしん/ふいうち

こちらのヤミラミを見て出てくるポケモンたちに大きな圧力をかけられる最強のメガ。最速ガルーラは基本的にヤミラミで対処できるため、それ以外のミラーになるべく勝てるよう火力と素早さに特化させた。地震+不意が秘密+不意とほぼ同じ火力であるため、初手のガブリアスにもある程度対応できる。

 

f:id:ottopoke:20150917015830g:plain

ガブリアス

性格:ようき

特性:さめはだ

持ち物:きあいのタスキ

能力値:183-182-116-×-105-169

努力値:0-252-4-0-0-252

技構成:げきりん/じしん/がんせきふうじ/つるぎのまい

ヤミラミのおかげでステロが撒かれないため、襷がつぶれにくい。ウルガモスや悪巧みボルトへのストッパーが主な役割。ヤミラミが相手の耐久ポケモンを素眠りに追い込んでから強引に舞う動きもできる。やはり汎用性が高く、ほぼ全試合選出した。

 

f:id:ottopoke:20150827194211g:plain

ボルトロス

性格:ひかえめ

特性:いたずらごころ

持ち物:こだわりスカーフ

能力値:155-×-97-194-100-156

努力値:4-0-56-252-0-196

技構成:10まんボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー(氷)/サイコキネシス

ヤミラミを出したい時に初手のゲッコウガがどうしてもつらいので、上から奇襲できるスカーフを選択。当初はサンダーだったが、初手に出すとかなり警戒される上に相手のガブリアスが後出しされやすいため、それらを緩和できる化身ボルトロスでの採用となった。ヤミラミを用いたサイクルはゲンガー+スイクンで崩されてしまうという課題を多少なりとも解決できたと思う。サイコキネシスの枠は要検討。配分に関して、火力に特化し、陽気ガブの逆鱗耐え(意地は37.5%の低乱数)、意地スカガブ抜き抜きとした。

 

f:id:ottopoke:20150917020112g:plain

スイクン

性格:ずぶとい

特性:プレッシャー

持ち物:カゴのみ

能力値:207-×-183-110-135-106

努力値:252-0-252-0-0-4

技構成:ねっとう/めいそう/ねむる/ほえる

当初はバシャーモの選出抑制のため、クレセリアだったが、ヒードランが無理になったり、バシャーモからのバトン展開が止められなかったりしたため、それらへの対抗策として、吠える瞑想スイクンを採用。バシャに受け出すことを優先させたかったので、Sは無振りクレセリアを抜ける程度でいいと判断した。役割がピンポイントなため、選出率は一番低かった。

 

f:id:ottopoke:20160913185744g:plain

ヤミラミ

性格:わんぱく

特性:いたずらごころ→マジックミラー

持ち物:ヤミラミナイト

能力値:157-95-138-×-87-70→157-105-193-×-137-40

努力値:252-0-244-0-12-0

技構成:イカサマ/ふいうち/おにび/じこさいせい

構築の核。ガルガブゲン、カバ展開が見えたら積極的に選出した。ステロ展開をさせないため、後述のウルガモスとのサイクルがまわしやすい。ガルーラとの対面では空元気警戒でイカサマから入るのがベター(裏にウルガモスがいる場合は鬼火から)。勝てない相手が3匹以上いた場合、ガルーラを出すべき。技はテンプレの4つ。配分は化身ボルトの10万が低乱2(1.2%)程度のDを確保し、残りBとした。

 

f:id:ottopoke:20160913191616g:plain

ウルガモス

性格:ずぶとい

特性:ほのおのからだ

持ち物:ゴツゴツメット

能力値:191-×-125-155-125-125

努力値:244-0-228-0-0-36

技構成:ほのおのまい/ギガドレイン/ちょうのまい/はねやすめ

ヤミラミ構築に必須のフェアリー受け。ポリクチクレセやマリルリジャローダに後投げしていた。この構築の場合、マリルリスイクンへの打点を優先してギガドレインを採用。ゴツメガモス単体の汎用性を高めたいならさざめきを使いたい。配分は準速ガッサやそれらを抜いているポケモンを上から叩くためにS125とし、残りをHBに割いた。目安として、マリルリアクアジェットが低乱2(6.3%)、火傷太鼓ジェットは低乱1(12.5%)、ギガドレインで90~106ダメージ入るのでじゃれつくに受け出しが成功すれば太鼓の隙を与えない。

 

<選出>

・ガルガブボルトスイクンバシャゲン

 ヤミボルトガブ

ヤミラミを巧みボルトやスイクンの熱湯で崩そうとしてくるため、ボルトを先発に出すこともあります。ウルガモスがいた場合は、ガブを大事に扱いましょう。

・カバ展開

ヤミガブ@1

ルカリオならウルガモス、ガルーラやリザードンならボルトロスにしましょう。ゲッコウガがいる場合は先発に出てくるかどうか頑張って読みましょう。

・バシャ軸

ガブ+ガルボルトスイクンから2匹

バトンの気配を感じるならスイクンを優先しましょう。メガバシャーモロトム+地面はシンプルにつらいです。

・マンダ軸

ガルガブボルトorスイクン

ナットレイがいると苦しい。相手にウルガモスがいなければヤミラミを出してもいいですが、空元気に注意。

クチート

ガルorヤミウルガガブ
クチートの取り巻きを見てメガ枠を選びましょう。ガルーラと同居している場合は概ねクチートが出てきます。

・受けル

ガルガブスイクンボルトから選択

バナラキムドーとされるとかなり苦しいですが、相手もグロパンガルーラや瞑想バクアヤミラミ等を警戒して選出がゆがむ場合があります。基本的にはスイクンガブリアスで積む方針が無難です。

・確立引っかけ

ガルボルトウルガorガブ

ヤミラミを起点にできるピクシーorオニゴーリ+ガルメタモンという選出をよくされました。相手の最速ガルーラはウルガかガブで削り、ピクシー、オニゴーリ用にガルーラを大事にしましょう。

 

レーティングバトルを終えて>

念願だったレート2100をようやく超えることができました。諦めずにもぐり続けて本当に良かった……全体で見れば実力はまだまだ不足していますが、伸び代が十分にあると前向きに捉えたいと思います。11月に発売される新作でもレーティングバトルを楽しめたらなと期待しています。XY・ORAS通して、対戦していただいた方々はありがとうございました!

 

本ロムTN:オットー

最終レート:2112

サブロムTN:ToshinoKyoko

最終レート:2032

f:id:ottopoke:20160913210945p:plain